すでに移動体通信では5Gが普及開始となっており、いよいよBeyond 5Gの実用化が課題となっております。その中核技術がテラヘルツによる高速通信となっています。
 テラヘルツ波は、電波の透過性と光の直進性を併せ持つのが大きな特徴です。その帯域幅の広さにより高速通信が可能となっていますが、テラヘルツ波の特徴や、Beyond 5Gに向けて、テラヘルツ波利用の標準化と各デバイスの研究・開発状況を本セミナーで講演していただきます。ぜひこの機会にご参加下さい。

開催日時

2021年4月28日(水)10:00~17:00(聴講者入室:9:45~)

形態

Zoomを用いたWEBセミナー(Zoomウェビナー)
注)本セミナーでは録音・録画、PC画面の撮影、また配布しますセミナーテキストの複製・第三者への提供などの行為一切を固く禁じます。

プログラム

講演時間に質疑応答10分程度を含みます。

10:00~10:40

テラヘルツ通信とそのロードマップ

国立研究開発法人 情報通信研究機構 笠松 章史 氏

 
10:40~11:20

テラヘルツスペクトラムの標準化

国立研究開発法人 情報通信研究機構 小川 博世 氏

 275 GHz以上の周波数帯利用に関して、国際電気通信連合無線通信部門(ITU-R)において主に受動業務(地球探査衛星業務(EESS)、宇宙研究業務(SRS)、電波天文業務(RAS))に関する研究が行われていたが、2015年の世界無線通信会議(WRC-15)において275-450GHzの周波数範囲内で陸上移動業務(LMS)と固定業務(FS)の各アプリケーションに周波数を特定することを検討するWRC-19議題1.15が成立した。2016年から2019年のITU-Rの研究会期において、関連作業部会(WP)による共用両立性検討が行われ、それらの結果によりWRC-19において4つの周波数帯がLMS/FSのアプリケーションに特定された。
 本講演では、WRC-19以前の275 GHz 以上の周波数帯における無線通信規則の概要、WRC-19 議題1.15 の成立経緯とその後のITU-Rにおける取組み状況、WRC-19 での結論、並びに275GHz以上の周波数帯に関する最近のITU-Rにおける取組み動向を紹介する。

11:20~12:15

超高速サブテラヘルツ通信の課題と300ギガヘルツ帯シリコンCMOSワンチップトランシーバー

広島大学 藤島 実 氏

 Beyond 5G/6G無線通信は、5Gよりも高いデータレートと広いカバレッジが期待されている。毎秒100ギガビット以上の高速データレートを実現するためには、サブテラヘルツ帯の一つである300ギガヘルツ帯が有望視されている。300ギガヘルツ帯では、44ギガヘルツの連続した超広帯域を通信に利用することが可能である。
 本講演では、超広帯域を用いた高速無線通信を実現するために必要なハードウェアについて説明する。また、そのハードウェアの要素として、毎秒80ギガビットの伝送が可能なCMOSワンチップトランシーバーを紹介する。

12:15~13:10

昼休み

13:10~14:05

Beyond 5G/6Gに向けたテラヘルツ無線通信用のアンテナの開発

岐阜大学 久武 信太郎 氏

14:05~15:00

未開の電磁波テラヘルツ波の検出感度を1万倍に向上

大阪大学 冨士田 誠之 氏

15:00~15:10

休憩

15:10~16:05

超伝導体テラヘルツ光源の同期現象を初めて観測 -テラヘルツ量子通信デバイスの創成につながる新発見-

京都大学 掛谷 一弘 氏

16:05~17:00

グラフェンの理論限界を超えるテラヘルツ電磁波の増幅に成功 ―次世代6G&7G超高速無線通信の実現に光明

東北大学 尾辻 泰一 氏

 炭素原子の単原子層材料であるグラフェンは、電子有効質量がゼロなどの特異な物性を有することから、従来の技術では困難な室温で動作するテラヘルツ光源・増幅素子を実現し得る夢の材料として注目されている。我々はこれまで、グラフェンを利得媒質としてテラヘルツレーザ発振が実現できることを理論的に発見し、他に先駆けて実験実証に成功している。しかしながら、得られる増幅利得は極めて低く、レーザ発振動作の実証は液体窒素温度をわずかに上回る摂氏-163度の低温環境でしか得られていなかった。室温で高強度なレーザ発振を実現するためには、電子と光子の直接相互作用に伴う動作限界を超えた巨大増幅利得を獲得する必要があった。
 今回我々は、グラフェンをチャネルとするトランジスタ素子を試作し、グラフェン内電子集団で形成される電荷振動量子:プラズモンを直流電流で励振することにより、グラフェンの電子がテラヘルツ波と直接相互作用して得られる理論限界を4倍も上回る巨大増幅作用を室温下で観測することに成功した。室温動作可能で乾電池駆動による高利得テラヘルツ波増幅素子、高強度テラヘルツレーザ素子の実現に向けて大きな一歩となる成果であり、テラヘルツ波を利用する次世代超高速無線通信:6G、7G実現のブレークスルーとなる成果である。


参加方法 他

参加方法 4月27日(火)にZOOM招待メールをお送りいたします。
接続テスト 4月27日(火)17:00~17:20
接続確認が終了いたしましたら退出をしていただき、当日9:45になりましたら同様の手順によりご入室ください。
講演資料 4月27日(火)に順次送信しますZOOM招待メール内に、講演資料のダウンロードURLを記述したしますので、ダウンロードをお願いいたします。
注)配布資料は公開可能な範囲となります。また、資料は複製・コピー、第三者への開示・提供を固く禁じます。

受講料・申込方法ほか

受講料 26,400円(税込)* 講演資料代含む
---複数名申込割引---
同一企業から複数名でお申込みいただいた場合、
2人目以降の方の受講料を半額の13,200円(税込)にさせていただきます。
<3人以上の場合> 備考欄に受講される方の「お名前」「ご所属先」「E-mailアドレス」をご記入ください。
申込・支払方法 下部にあります、お申込みフォームよりお申込み下さい。
受付が完了しましたら自動返信メールが届きますので内容をご確認ください。
<お支払いについて>
後日、決済用URLを記載した請求書(クレジット用)をお送りします。お支払いは4月26日(月)までにお願いいたします。

領収書発行 領収書(PDF)が必要な場合は、備考欄にご記入ください。決済後1週間位でメールにて送付いたします。
申込締切 4月26日(月)15:00
お問合せ (株)オプトロニクス社 担当:加納・三島
Tel:(03)3269-3550 E-mail:seminar@optronics.co.jp

申込フォーム

の欄は必ずご記入下さい。 ご入力の際には、個人情報についてをご覧下さい。

支払方法 クレジット
会社名
部署名
役職
氏名
氏名(カナ)
郵便番号
住所
TEL(半角)
E-mail(半角)
●2人目の方の情報をご記入下さい。
部署名
氏名
氏名(カナ)
E-mail(半角)
備考
本セミナーにおける録音・録画、PC画面の撮影などは一切いたしません。
また配布されるセミナーテキストの複製・第三者への提供もいたしません。

同意する